『 ソーダ』sumika。”お互いの気(炭酸)が抜ける前に言いたいことを言い合いましょう”

本日ご紹介するのは、4人組ロックバンド『sumika』のナンバーから。

『ソーダ』(作詞:片岡健太 作曲:片岡健太)

歌詞全文はこちらのリンクから→https://www.uta-net.com/song/249996/

2014年11月12日にリリースされた ミニアルバム『I co Y』の1曲目に収録されている曲

この歌の歌詞は、付き合っていた彼女と1年で別れてしまったけど、いろいろ思い返すうちに後悔の念に駆られてしまう

恋愛においてよくある、別れた後に「あの時、優しくしておけば」とか、「素直に謝っておけば」という反省と後悔

この別れた後の心境を、炭酸飲料「ソーダ」の特徴を使って表現している

はじめてこの歌を聴いて、歌詞を読んだとき

天才か!!センス良すぎ!!

って思ったなあ (*^_^*)

歌詞中のけむくじゃらはペットの猫かな?

風鈴の音を聞いて気持ちよさそうに眠っているってことは季節は「夏」で「縁側」での光景が浮かびます

2人と1匹のストーリーは自分と彼女とペットの猫の物語

開始1年で見るも無残に気が抜けちゃう…

はい!ここで「ソーダ」の特徴ぶっこんでます (^^♪

彼女への気持ちがなくなる=気が抜けちゃう=ソーダの炭酸が抜けちゃう

そのあとの歌詞も

彼女への気持ちがなくなる=夏の魔法みたいに 弾けて消える=炭酸の泡のよう

君の残骸は 寝そべっている そこのけむくじゃら…二人と一匹だったものが、彼女と別れて自分とけむくじゃら(ペット)だけになってしまったわけですね

ソーダ 泣いちゃいそうだ …ソーダとそうだがかかってます (^^♪

君を思い出せば…涙が出そう=しずくが飛び散りそう=炭酸の泡が弾けて液が飛び散る

あの日の思いが シュワシュワ音を立て 空虚な音で響く…炭酸のシュワシュワ音は周りが静かになると良く聞こえる…彼女と別れて一人になった寂しい心にその音が響く

炭酸を飲んだ後に出るゲップ=僕たちが 吐き出したガスは 無色透明だった=言いたいことがあってもお互い我慢して言い合わなかった

言いたいことがあっても言えないってありますよね (;´Д`)

言ってしまうと相手を傷つけてしまったりとか、相手から嫌われてしまうと思うと、なかなか言うことが怖くなる

でもそういう我慢ってどんどん蓄積されてしまっていつか大爆発してしまう危険があります

ほんとに大事な人なのであれば、言いたいことを我慢せずに素直な気持ちを伝えてぶつかり合うことも必要だと思います

もしそれで別れてしまったとしたら、結局それまでの関係だったということではないでしょうか…

だって、この先もずっと一緒にいて結婚して子供もできてってなれば、我慢しなければいけないことがたくさん出てくるのに、言いたいことも言えない状況でうまくいくと思いますか?

仲を深めるためにはケンカも必要です

ケンカして仲直りをすることを繰り返すと二人の絆もどんどん強く結ばれる

吐き出すものすらなく(言いたいことも言えず)、気も抜けて(相手への愛情もなくなって)、ただの砂糖水になってしまったら(別れてしまったら)、そんなのおいしくないですよ (꒪ཀ꒪)

ソーダと僕らのストーリーは一緒

炭酸水のように色もなければ匂いもしない味気ないストーリー

けむくじゃら担いでもう一回だけ弾けるソーダ…ここでいうけむくじゃらは炭酸のシュワシュワした泡を指します

気も抜けてしまったソーダにもう一度炭酸を注入!彼女への愛がまだ残っていて、それに気づいてやり直そうと決心!

君への思いがガスが口から出るあれに似てるよ…

あれとは…ゲップ(笑)

ゲップは1人のときなら気にせずできるけど、彼女の前ではできない=1人の時なら言えるのに彼女の前では言いたいことを言えない

そしてゲップはふとした拍子に出てしまう!出そうになってるこの時に早く思いを伝えないと伝える前に出て、また気が抜けてしまう!そうなる前に伝えないと!

そして彼女にもう一度会いに行きます…… ヘ(*¨)ノ

恋愛のあるあるを「ソーダ」で例えるって感性が凄い!!

歌詞だけじゃなくてメロディも最高!!

夏の爽快感・疾走感を感じて、夏になると無性に聴きたくなります♪

sumikaの曲って一回聴いたら耳に残るメロディだよね♪

何回聴いても聴き飽きない!

皆さんも大切な人へ、言いたいことを我慢せず、ゲップも我慢せず、じゃんじゃん言い合ってぶつかり合って仲直りして絆を深めていきましょう(^_-)-☆

…やっぱり好きな人の前でゲップするのはやめましょうね (^_^;)

シュワシュワ~ (*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

****************************************************************************************************

他にも『sumika』の名曲を紹介しておりますので併せてご覧くださいρ(._.*)ρ

本日ご紹介するのは、4人組ロックバンド『sumika』のナンバーから 『ここから見える景色』(作詞:片岡健太 作曲:片岡健太) ...
本日ご紹介するのは、4人組ロックバンド『sumika』のナンバーから。 『フィクション』(作詞:片岡健太 作曲:片岡健太) ht...
本日ご紹介するのは、4人組ロックバンド『sumika』のナンバーから。 『MAGIC』(作詞:片岡健太 作曲:片岡健太) htt...
本日ご紹介するのは、4人組ロックバンド『sumika』のナンバーから。 『「伝言歌」』(作詞:片岡健太 作曲:片岡健太) htt...
本日ご紹介するのは、4人組ロックバンド『sumika』のナンバーから。『sumika』は2013年5月に結成され、当初は片岡健太(ボーカル・ギ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『Special☆』hitomi。君の役割があるからそこに咲いてるんだよ!

『手紙』HY “Extra Story”【part2】妄想ストーリー(女性目線)

『「伝言歌」』sumika。”この歌を唄えばいつでもあの日に戻れる。そんな魔力が...

『花束』back number。”んん、どうかなぁ。でもとりあえずは君のことが大...

『アイラブユー』back number。”ああ…君に会いたくなる”

『いつまでも変わらぬ愛を』織田哲郎。夏に聴きたくなる色褪せない名曲