『Lovers』sumika。男は”初めて”、女は”特別”に弱い!妄想ストーリー

本日ご紹介するのは、4人組ロックバンド『sumikaのナンバーから。
『sumika』は2013年5月に結成され、当初は片岡健太(ボーカルギター)、黒田隼之介(ギター・コーラス)、荒井智之(ドラムス・コーラス)の3人でスタート、2015年2月に小川貴之(キーボード・コーラス)が加入し4人組となりました。『sumika』というバンド名の由来は『住処』からきているそうで、世界中で一番好きなものが集まっている場所、自分の家という意味でつけられているとのこと。2015年7月にはボーカルの片岡さんが声が出なくなるなど体調不良により活動中止。復活後は精力的に活動し、武道館でのワンマンライブを成功させるなど、今勢いがあり、知名度も人気も急上昇中↑。今も尚インディーズで活動中。通常ロックバンドはギター・ベース・ドラムで構成されますが、『sumika』はキーボードを入れ、さらにバイオリン・トランペット・フルートなども取り入れて、ロックにポップを融合させた音楽を作り出しています。『sumika』の曲を聴くと気持ちが浮いて、楽しくなれるんですよね(^^♪。カラオケ行って歌いたくなるし、合いの手も入れられる曲が多くて、歌う人も聴いてる人もみんな巻き込んで楽しくなれちゃう♪それが『sumika』の魅力かな(*´з`)。今一番ハマってて毎日聴いちゃってます♪

ご紹介したい曲はたくさんあるんです(;^ω^)正直何にしようかめちゃくちゃ迷いました!

『sumika』数ある名曲の中から今回ご紹介する曲は

『Lovers』(作詞:片岡健太 作曲:片岡健太

2016年3月にリリースされたシングル。この曲はアップテンポで心が躍りだすメロディ。そしてそれに載せる歌詞は、女性的な恋愛観を持つ男性の気持ちを綴っております。この歌詞の意味はいろいろな解釈ができますが、私の解釈は………後ほどご紹介します。

まずはこの曲を聴いて、歌詞を読んでください(^_-)-☆

歌詞全文はこちらのリンクから↓
https://www.uta-net.com/song/214658/

それではこの曲を聴いて膨らんだ私の妄想ワールド(歌詞解釈)をチラッとお見せいたします |ω・)チラッ

*******************************************************************

彼女が浮気した…
普通なら怒って別れるところ…
だけど浮気した理由を問いただし、怒りはしたけど、彼女に別れたくないと言われたので別れてはいない…
これでいいのだろうか…考えていると涙がこぼれてきた…
この涙の意味は何?悔しいから?悲しいから?
自分の気持ちを頭の中で整理しようとしたけどいろいろな感情が交錯し、うまく整理できない…
僕はB5のメモ帳とペンをだし自分の気持ちを一つ一つ書き出した…こぼれた涙でインクが滲む。

アイルランドの作家、オスカー・ワイルドの名言で「男は最初になりたがり、女は最後になりたがる」という言葉がある。
男というのは誰にも染まっていない女を自分色に染めたがる。「初めて」という言葉に弱い。男は支配欲や征服欲が強く、「初めて」の場合それらの欲が満たされるから。だから男は最初になりたがる。

女というのは男に比べると過去にどのような人と交際をしていたか、また浮気に対しても寛容なところがある。これは、男が本能的にいろいろな女性に目移りしてしまうものだと理解しているから。どんなに遊んでいても最後の相手(結婚相手・特別な存在)として愛されれば満たされる。「特別」という言葉に弱い。だから女は最後になりたがる。

僕は後者に当てはまる…女性的な恋愛観ってことか…男としてちょっと情けない…

僕は彼女と付き合って2年になる。付き合って間もない頃…17歳の秋…将来結婚しようって口約束したなあ…。その時は彼女が他の男に目移りしてしまうことを恐れていたっけ。僕よりかっこよくて、優しくて、頼りがいがあって、楽しい人なんていくらでもいるから、そんな男が彼女の前に現れたら、僕を捨ててそっちに乗り換えてしまいそうで…自分に自信がないから…

でも今は違う。色々な人を見て、色々な人と話して、色々な人と接して、自分と比べてほしい。それで他の人を選んだなら仕方ない…。その過程を経ずに結婚したら後々になって目の前にいい男が現れて比べられて乗り換えられてしまうかもしれない。たくさんの選択肢の中からやっぱり結婚するならこの人しかいない!って思ってもらってから結婚したい。その方が最後まで寄り添い遂げられる気がするから。だから浮気してもいいよ。余所見してもいいよ。ずっと離れないために。

彼女は気が強く我儘なとこがある。僕はいつも彼女の我儘に振り回されてしまっていて…それで辛くなることや悲しくなることもある。男なら主導権握って相手を振り回すぐらいじゃないとだめだよな。振り回さないまでも嫌なら嫌と、辛いなら辛いと、悲しいなら悲しいと、しっかり伝えられないとね。彼女を好きでいる理由よりも、嫌いになる理由のほうが多い…それでも付き合っている理由は他に替えがいないから…替えがいないというのはキープがいないってことじゃない。こんなだらしない弱っちい僕でも好きになってくれる人なんて多分いない。彼女は浮気したのに、別れたくないと言ってくれたのは、浮気相手はただの遊びだったから?もし浮気相手の方が好きだったら別れるはず…浮気相手と比べて僕を選んでくれたのかな…そう思ってる。

僕には彼女しかない。だから腹を括ります。君がどんなに浮気しても、君がどんなに余所見しても、もし最終的に僕を選んでくれるのであれば、最後の最後にこっちを向いて笑ってくれるのなら…

嬉しい日も、楽しい日も、ずっと一緒に…

悩む日も、病める日も、ずっと離れないように…

迷いを捨てて僕のそばにいて、僕のことをずっと見ていてくれるのであれば

僕は君が朽ち果てるまで愛し抜いていきたいと思います。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『君に届け』flumpool。本能のままに恋をしたい!!

旭化成CMソング『道』。幻の名曲が時代をこえて、今ここに復活!

『悲しみは雪のように』浜田省吾。ハマショウ名曲。歌詞の意味を考察

『星になれたら』Mr.Children。夢を追うために別れるけど、また笑顔で必ず...

『時間旅行』DREAMS COME TRUE。金環日食。22年越しの約束!

『約束。。feat.HOME MADE 家族』九州男。あの場所に残した10年前の...