「答えは風に吹かれている」。音楽ブログ♪タイトルの由来。

タイトルの中に含まれている『答えは風に吹かれている』という言葉。この言葉を聞いてピンとくる人はいらっしゃると思います。

私がこの言葉を初めて耳にしたのは、1992年に放送されていた『愛という名のもとに』というドラマを見ていた時です。そのドラマのなかで唐沢寿明、江口洋介、鈴木保奈美の三人がよく言っていた台詞

健吾(唐沢寿明):どれだけ歩けば人として認めてもらえるのだろう?

時男(江口洋介):いくつの海を越えたら白い鳩は砂地で安らげるのか?

貴子(鈴木保奈美):友よ、 その答えは風に吹かれている。

3人:答えは風に吹かれている。

私はそのシーンが強く印象に残っておりその最後の言葉、『答えは風に吹かれている』という言葉が特に頭に刻み込まれています。

この三人が言っていた台詞は、ボブ・ディランの名曲『風に吹かれて』からきていたんですね!当時は全く知りませんでした(^^;)

歌詞解釈の本当の答えは歌詞を書いた本人のみぞ知る…いや、本人も答えを作っていないこともあるかな…答えがあったとしても、あえてはっきりとは表現せずにグレーにする。それによって聴く人が「自分の状況に置き換えやすくなる」、また聴く人の「グレーな部分を解明しようとする好奇心」を煽っているのではないでしょうか…。聴く人が自分でグレーな部分に色をつけられ、自由に描いて楽しめる。

だから皆、音楽という世界に引き込まれるのではないだろうか…

歌詞解釈の答えなんてあってないようなもの…その辺に転がっているものではなく、簡単に見つけられるものではない…そう、その答えは風に吹かれているのだから…

といった感じでこの『答えは風に吹かれている』というワードをブログタイトルに含めました(;^ω^)

なので、このブログで書くことは、あくまで私の勝手な考えであり、作者の意図とはまったく関係がありません。曲を聴いたことにより膨らんだ私の妄想ワールドを皆様にチラッとお見せしようという、ただそれだけでございます。

音楽の楽しみ方は皆様の自由です。歌詞の解釈も人それぞれあっていいと思います。今後もとことん音楽を楽しみましょう♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ブログ始めました」!!?音楽ブログ。いざ発信!